子育て

いまはすももに夢中

基本的にいまはすももに夢中。

遊びが長くなると疲れたりもするけど、抱っこしたりギュってしたりちゅってしたり、一緒に寝たりお散歩したり。

一緒にいてすももを見ていてると、この子に飽きるということは今後一生ないだろうと思う。

自分が夢中になっていたことや情報への感度はさがった。オシャレもメイクも基準が変わった。動きやすさとかすももに危なくないかとか。

反対に今までため込んでいた愛情、母性、生活は爆発的に発動した。

すもものためなら離乳食作りも楽しい。やり始めるまでは、昔の私が顔を出して(めんどくさい…)とささやいていたけれど、母になった私がちゃんとやってくれる。

こんな荷物は絶対に持てない!無理だ!と思っていても、右手にすももを抱え、リュックを背負い、左手がちぎれそうになるほどの食料と図書館で借りた本を抱えて家に入ることができる。
自分にこんな力があったとは、驚きだ。

力の入れどころが、自分からすももになったということなんだろうか。
6ヶ月経って、だんだん自分のこともできるようになってきて思うのは、やっぱりお化粧はしていたいし、オシャレもしていたい。そういう気持ちはこれからも忘れたくない。

ただ前と違うのは、そんなに吟味してる時間がないから自然と決断が早くなったし、注意力大幅にアップしたし、いま本当に必要なものがなんなのか優先順位をつけてそれだけは達成するように生活するようになった。

優先順位といっても全然かっこいいことじゃない、洗濯が先か洗い物が先かとか、買い物行くか行かないかとかそうゆう生活レベルの本当に小さな事ばかりなんだけど、それ間違えるとあとで自分が大変になるから、結構大事なことなんだー。