未分類

赤ちゃんの鼻水が奥の方までとれる鼻吸器「電動鼻水吸引器ベビースマイル」を使っています。

赤ちゃんの鼻水で困ったら「電動鼻水吸引器ベビースマイル」がオススメ!

小さなあかちゃんのお鼻が、グズグズと詰まってしまった時に便利なのが電動の鼻吸器。

我が家では生まれて1ヶ月たたない新生児にも、電動鼻水吸引器ベビースマイルを使っています。

赤ちゃんが鼻水で苦しそうにしていると、すごく気になるものです。

しかも、鼻水が出たり鼻づまりを起こしたりしていると、一緒に咳の症状まで出てしまってさらに辛そうなんですよね。

そんな時こそ文明の力を借りて、いますぐ赤ちゃんの呼吸を少しでもラクにしてあげることができます。

我が家で使っているのは電動鼻水吸引器ベビースマイル

アカチャンホンポで何個も吸引力を試した結果、ベビースマイルが数あるハンディタイプの中で一番吸引力が高く、お手頃価格だったので購入しました。

購入して1年以上経ちますが、壊れず使えて今も現役。さっきも下の子を吸引したばかりです。笑

赤ちゃんの鼻水を奥から吸い上げるコツ

赤ちゃんの鼻水を上手に吸い取る方法を見つけましたのでご紹介します。

赤ちゃんの鼻の穴はとても小さいので、鼻吸器のノズルでさえ大きく感じますが、深くノズルを突っ込む必要はありません。

むしろ、鼻吸器の角度の方が重要です!

まずは歯磨きをする時のように赤ちゃんの頭側に座り、赤ちゃんの手足をママの足で固定します。(固定して動けないようにします)

鼻の穴を上から見下ろす位置から、色々な角度で鼻吸器を動かしてみる。こうすることで、鼻水が出てくるポイントを探ります。

ちょうどいいポイントが見つかると、深く突っ込まなくてもズルズルと鼻水が出てきます。

水洗いできて清潔

鼻吸いノズルと鼻図がたまる部分は、毎回水洗いができるのでとても清潔。

一回一回簡単に取り外して洗えるので、次使う時も安心です。

電池式の場合は、本体は水に濡れない方が良いので、ノズルと吸込み部分だけを丁寧に洗いましょう。

持ち運びOKなハンディタイプ

置き型にするかハンディタイプにするかとても悩みましたが、我が家ではハンディタイプを購入しています。

ハンディタイプのメリットは、ベッドの上でもリビングでも、吸引したい時に場所を選ばないことです。

お出かけにも持って行って、出先で吸引も問題なし!

電池式なので、電池が切れたら交換すればOKです。

我が家ではエネループを使っているので、電池は充電して使っています。

つらい鼻水や風邪が、パパやママに移らない

赤ちゃんの風邪とは言え油断してはいけません。

赤ちゃんの風邪がパパやママに移ってしまうと、その後の生活が大変ですよね。

どちらかが倒れてしまうだけでも、赤ちゃんのお世話をするハードルが上がってしまいます。

鼻水吸引器を使えば、少なくとも鼻水を吸って風邪がうつる心配は避けられます。

ま、移るときは移りますが・・・。

まとめ

小児科に行った時、なるべく鼻を吸ってあげるように言われてからというもの、子どもが嫌がってもこまめに鼻水を吸うようになりました。

鼻吸器をこまめに使用するようになってから、心なしか風邪や鼻水の回復も早いような気がします。

大人のように自分で鼻をかめなくて苦しそうなあかちゃんのために、鼻水吸引器は一台あるととっても便利です。

風邪をひいた時にあると助かるのでおすすめです。