子育て

働くママはハローワークに申請しよう!育児休業給付金について

「育児休業給付金」仕事継続するママは忘れずに申請しよう

仕事を続けるパパやママが一度は耳にしたことがある「育児休業給付金」どんな制度か具体的に知っていますか?

「育児休業給付金」は産休後、最長2歳になる前日まで雇用保険が収入をサポートしてくれる制度です。

育児休業は、赤ちゃんが1歳に達するひまで会社に育児休業を申し出ることができますが、その間給料は発生しません。

その間、本人が加入している雇用保険から給付金を出してくれるのが「育児休業給付金」です。

育児休業給付金を受けるには、いくつか条件があります。

育児休業給付金をもらうための条件

まず大前提で以下の条件を満たしている人。

  1. 雇用保険に加入していて、育休前の2年間のうち1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上ある人。

この条件をクリアすれば、契約社員やパート(注)もOK

そして、次の条件もクリアする必要があります。

  • 育児休業期間中の各1ヶ月ごとに、休業開始前の1ヶ月あたりの賃金の8割以上のお金を勤務先からもらっていないこと
  • 休業している日数が各支給対象期間ごとに20日以上あること(ただし休業終了日が含まれる支給対象期間は、休業日が1日でもあれば20日以上である必要はない)

ただし、契約社員やパートである非正規社員の場合には、下記の条件も含まれてくるので注意が必要です。

期間雇用者の場合、育児休業開始時において同じ会社で1年以上雇用が継続していて、かつ、子どもが1歳6ヶ月に達する日を超えて、引き続き雇用される見込みがあることが必要。

育児休業給付金はいくらもらえる?

育児休業給付金は、育児休業開始から180日目(6ヶ月目)までは月給の67%、181日目からは50%を、休んだ期間分もらえます。

【育児休業給付金の計算方法】月給 × 67% × 6ヶ月

【6ヶ月目以降の計算方法】月給 × 50% × 休業期間分

育児休業給付金の支払いは、2ヶ月ごとに1回。初回の給付金の支払いは、申請後4〜5ヶ月後になるケースもあるのであてにしている場合は注意しましょう。

育児給付金のもらえる金額については、収入に応じて個人差があります。

以下は育児給付金の他、出産手当金についても計算してくれるので、大体の目安に計算してみると良いですよ。

育児休業給付金でもらえる限度額

給付金の月額の上限は、支給67%の場合30万1299円、50%の時は22万4850円。

どれだけ給料がいくら高くてもこれ以上はもらえません。

パパも育児時給付金がもらえる

育児休業はパパでも取れることはだいぶ浸透してきましたよね。(実際に取得しているかどうかは別ですが…)なので育児休業給付金も要件を満たしていればもらえます。

育児休業はママと同時にとっても良いので、育児休業期間中の前半をママがとり、後半はパパが取って二人とも給付金をもらうということも可能です。

理解のある職場なら、利用しているパパママもいるかもしれませんね。

我が家も使えるものなら使いたいですが、やはりパパの会社はその後の仕事などに影響がありそうでなので、夫婦共々パパの育児休業には消極的なのが現状です。

どうすれば育児休業給付金をもらえるの?

産休に入る前

勤務先に育休期間を伝え用紙をもらう

  • 育児休業給付受給資格確認票
  • 育児休業基本給付金支給申請書(初回分)

育休1ヶ月前

必要事項を記入して勤務先に提出

  • 育児休業給付受給資格確認票
  • 育児休業基本給付金支給申請書(初回分)
  • 育児休業申出書
  • 通帳のコピー

育休中

育児休業給付金が振り込まれる。追加申請も2ヶ月ごとに行う。

勤務先が産休明けにハローワークに書類を提出する。本人が手続きを行う場合は、提出期限に注意。

まとめ

仕事継続ママにとっては重要な収入源となる育児休業給付金。

出産前から書類を揃えたり、申請に必要な手続きはありますが、育休中も67%の収入(6ヶ月目以降は50%)があると思うと心強いですし、手続きしない手はありません。

一度自動計算ツールで計算してみると、その金額の大きさに驚くと思いますので、ぜひ活用してください。

また、産休前に会社から書類をもらい忘れた!という場合でもまだ間に合います。

できるだけ早めに会社に問い合わせて、書類を取り寄せるようにしましょう。

妊娠出産したらもらえるお金
妊娠・出産・育児でもらえる・戻ってくるお金のことを知りたい!難しくないまとめ この記事では、あかちゃんができたらもらえるお金と取り戻せるお金について知ることができます。 初めての妊娠、出産はわからないこ...
仕事継続ママがもらえる妊娠・出産・育児のお金
仕事継続ママがもらえる「傷病手当金・出産手当金・育児給付金」出産後も産休・育休を経て仕事を継続するママは、専業主婦ママや仕事を退職するママがもらえるお金の他に、「傷病手当金・出産手当金・育児給付金」の申請をすることができます。...