子育て

3ヶ月検診の赤ちゃんを制すものは、その日1日を制す

今日も子育てを頑張るすべての皆さん、こんにちは。すみれ(@ojo20171222)です。

昨日、二人目の3ヶ月検診に行ってきました!

3ヶ月検診は身長・体重・医師による内診などを地域で無料で受けられる検診です。

保健士さんや栄養士さんがいることもあるので、これから始まる離乳食や生活について相談もできます。

3ヶ月検診のポイント!

こういった地域の検診は、とにかく順番取りが物を言います。

後の方になる程待たされ、赤ちゃんの機嫌も悪くなり、自分も疲れが溜まってしまいます。
だから順番取りを制すればその日1日を制したも同然

大げさに聞こえるかもしれませんが、本当です!!

受付時間が12時からなら11時には会場にたどりつくくらいの意気込みでいきましょう。
30分から15分前くらいを目処に来るママがとても多いので、すでに長蛇の列ということもありえます。

私は上の子のお迎えもあり、絶対に早めにいきたかったので受付時間の1時間前に行って、2番でした(さらに上がいた!)

また、抜け目ない準備も心の余裕につながります。

前日までにしておきたい準備

  • 前日までに問診票を書いておく
  • 忘れ物をしないこと

前日までに問診票を書いておくことで、当日は時間通りに家を出ることだけに集中できます。どこにあるかわからない!という人は前日までに探しておきましょう。

持っていくものは、案内用紙にも書いてありますが絶対に必要なのは以下です。

  • 問診票
  • 交換用オムツ
  • ミルクとミルク用のお湯
  • 麦茶などの飲み物(これはママのこと!)
  • 母子手帳(3ヶ月検診のページに記入欄があるので忘れずに)
  • 健康保険証(これは赤ちゃんのこと!)

検診は2時間程度かかるものなので、ママものどが渇いたりお腹が空いたりすることがあるかもしれません。赤ちゃんのものはもちろん、自分のものも忘れないように気をつけて下さい。

手伝ってくれる人がいたら着いてきてもらうが吉!

会場に確認してOKなら、誰かに手伝いにきてもらうのがベストです。

一人でもできないわけではありませんが、内診のためにあかちゃんの服を脱がせたり、オムツを変えたりしまったり…慣れない検診でママは必死になることと思います。

そんな時、誰でも良いので手伝ってくれる人がいると、気持ちに余裕ができて全然違うと思います。私は毎回頼める人がいなくて一人で行っていますが、付き添いの人がいる人は笑顔でやっていますが、一人で来ているママは大抵真顔でした。

それだけ大変なので、できたら誰かに着いてきてもらいましょう。
荷物持ちだけでもありがたく感じます。

ベビーカーで行くか抱っこ紐で行くか

これは先に会場に問い合わせ、ベビーカーで行っても置き場所があるか、確認しておきましょう。
(大抵は置き場所を用意していると思いますが、もし無い場合は悲惨です。)

抱っこ紐は必要だと思います。書類を出したりしまったり、服を着せたり脱がしたり。

そういった動作が多いので、自分の手は空くようにしておいた方が動きやすいと感じました。

いつも使い慣れている抱っこ紐が一番だと思います。

あわよくば、同月齢のママと話してみよう!

同月齢のママと気軽に話せるまたとないチャンス。

育児あるあるとか旦那さんの愚痴とか(笑)話せたら楽しそうですよね。

「話しかけてみたいなぁ」って思った時、あまりにもじぶんが着の身着のまま出てきた格好だったり、メイクしてなかったりしてると、恥ずかしくて話しかけられない…。ってなったらもったいないので、自分が納得できる服装にしていきましょう!

何も化粧バッチリ、流行最先端で!というわけではありません。

ママ自身が人に声をかけやすい&かけられやすいように、身なりを整えておく(ヘアメイク・ファッションを気に入ったものにしておく程度)ことで話しやすい雰囲気を作っておくこと。

忙しくてつい自分のことは後回しになってしまったり、逆に気合いが入りすぎて化粧バッチリ!周りからしてみたら声かけづらい雰囲気になっているかも…。

自分がどんなタイプであれ、気が合いそうなママに声をかけれるチャンスと勇気があったら、話しかけてみましょう!向こうも待っているかもしれません!

3ヶ月検診 当日の雰囲気

地域差があるかもしれませんが、私が住んでいる地域では1ヶ月を前半と後半に分けて検診が行われました。

人数でいうと、前半(うちの子は7月生まれなので、7月1日〜7月15日頃まで)の子だけで、だいたい50人以上はいたかと思います。

1番と50番ならかなり時間の差があります。終わる時間は果たして何時間違うでしょうか?
これだけでも、順番取りの大切さはわかっていただけると思います。

前日から問診票を書き終え、なんどもシミュレーションした予定通り、検診の1時間前に会場にたどり着きました。

会場内はこんな状況です。

・同月齢ママたちのファッション、スタイル、ヘアメイクなどをガン見
・同月齢の子をガン見(あの子可愛い、あの服可愛いなど)
・自分の子の可愛さを確認(あーかわいい)
・自分の子の成長に一喜一憂
・うんちやらおしっこやら説明聞くやらで忙しい

こんな感じで会場に着いて受付が始まると、子どもも自分の脳内もどんどん騒がしくなってきます。

初めての体験でギャン泣きしている赤ちゃんもいるし、子どもの成長については真剣モードにならなきゃいけないしで、とにかく情報量がとても多いです。

知らないうちに自分のテンションも上がっているので、冷静に!笑

まとめ

こんな文章が参考になるかはわかりませんが、初めての検診で「どんなもんなの?」って思っているママに届いたら嬉しいです。

「実際行ってみたら、全然余裕だったわ」となれば御の字です。

3ヶ月検診、頑張って下さい!!